■ スケーラブル映像 ソフトウェア/コンテンツ

 ロッコンでは、2D/3D、マルチ、低解像度~超高解像度(4K)など、様々なディスプレイ環境にスケーラブルに対応可能な映像ソフトウェアとコンテンツをご提供しています。

● 主な機能

 ・マルチディスプレイ表示

 ・超高解像度表示(4K対応)

 ・3D立体映像表示

   ・S3D  サイドバイサイド/トップアンドボトム/ラインバイライン(縦/横)/チェッカーボード/アナグリフ

   ・多視点   任意の視点数のタイルフォーマット(標準)

            GPU処理による独自RGB画素配列フォーマット(オプション)

 

● 主な利用

 ・スマートフォン、ゲーム機、デジタルインタラクティブブック、デジタルサイネージ用コンテンツ

 ・3Dコンテンツ、サービスの開発に向けた研究開発、評価試作

 ・センサーなどのユーザインタフェイス研究開発用インタラクティブコンテンツ開発

 ・3D映像安全性評価/眼精疲労評価システム開発

 

● 動作環境

 ・Windows 7、Android、iOS

■ 事例 ソフトウェア利用事例 NTTドコモ様

 ロッコンにて、スケーラブル映像ソフトウェアをご提供し、コンテンツ開発にご協力いたしました。

 

 ■関連リンク

  ・+D Mobile:ワイアレスジャパン 2010

  ・CEATEC JAPAN 2010

■ 事例)ソフトウェア利用事例 インテル株式会社様

 ロッコンのスケーラブル映像ソフトウェアをご利用いただきました。

 

 ■関連リンク

  ・CEATEC JAPAN 2011

■ 事例)立体映像生体影響評価用システム

 立体映像生体影響の国際標準化機構(ISO)への提案に向けた、研究素材、評価システムをご提供しています。映像の安全性に関する研究開発支援の成果は、ガイドライン策定、安全で快適な3Dコンテンツ制作やテクニカルサポートに活かされています。

 

 ●納入実績

  ・独立行政法人 産業技術総合研究所 様

  ・財団法人 デジタルコンテンツ協会 様

 

 ●デジタルコンテンツ協会様 ご利用事例

  ・デジタル技術を駆使した映像制作・表示に関する調査研究報告書